【無印良品】テレビ人気で売り切れになったルーロー飯、実際美味しいの?

グルメ
スポンサーリンク

2020.9.19 テレビ番組『ジョブチューン』で無印良品の「ごはんにかけるシリーズ」を一流料理人が実際に食べ、順位をつける企画がありました。

見事1位になったのが「ルーロー飯」です。読み方はルーローハン。

放送後、売り切れ続出でようやく年が明けた2021.1.16に店舗で購入することができました。

実際に美味しいのか?

食べた感想など書いていきます!



ルーロー飯とは

台湾の代表的なかけご飯。

日本の牛丼や親子丼のように主食で食べる丼ものではなく、複数の総菜と共に食べることが前提となっており、丼より小ぶりな茶碗で共される。

台湾では庶民から親しまれほとんどの定食屋、食堂で提供されている料理である。

みとら
みとら

日本だとレベルアップした納豆みたいな感じなのかな?

無印良品のルーロー飯

こちらが「ごはんにかけるルーロー飯」です。1袋1人前192カロリーとなっています。

画像の茶碗に添えてあるチンゲンサイは入っていません。

値段は税込み350円

ちなみに裏面です

豚ひき肉、しいたけ、たけのこ、きくらげが入っており、オイスターソースとしょうがで味付けをしているそうです。

ちなみにアレルギー食材として小麦、大豆、豚肉が入っているので注意です。

実際に食べてみた

袋には茶碗1杯分くらいと書いてましたが、少し多めのお米0.75合(1.5合の半分)分で食べました。少し大きめの茶碗に1杯分くらいです。

お米をやわめに炊いてしまい、ルーロー飯の具をかけるとやわやわになってしまいました。

汁も結構入っているのでご飯は固めでもよさそうです。なのでご飯の量も大きめ茶碗くらいがちょうどいいのかなと思いました。

たけのこは小さく刻んでありましたが、結構触感がありコリコリと歯ごたえがありました。

ベースはオイスターソースですが、スパイスのような味がして、裏面には書いていなかったのですが、表面に『八角』を使っていると書いてありました。

ちなみに八角はスパイスで、スーパーのスパイス売り場には「スターアニス」という名前で売っているそうです。

感想は、とにかくスルスル食べれます!具も小さく食べやすかったです。

が、これが1位…?とちょっと期待しすぎていたかもしれません。確かに美味しいんですけどね。

テレビで一流料理人が褒めすぎていたので…美味しいんですよ?うん。

まとめ

いかがだったでしょうか?

この味…298円が妥当!とか思ってしまいましたが個人の意見なので参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました